[書籍版]mrubyバイトコードハンドブックv1.0

[書籍版]mrubyバイトコードハンドブックv1.0

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 8 days
    1,200 JPY

この商品は書籍版です。DL版は↓です。 https://silentworlds.booth.pm/items/1307790 ●内容について mrubyのバーチャルマシンの基本的な動作の解説と、バイトコードに含まれる命令群の解説をまとめた本です。 特にバイトコード上の命令セット一つ一つについて詳しく用例を交えて詳しく説明しています。mruby2.0.0対応です。 単に命令の概要を紹介するだけでなく、mrubyがどのように内部的に処理を実現しているのかについても、実装を参照しながら詳しく説明しています。 ●改訂履歴 ・ 2019/4/14 v1.0 初版 ●サポートサイト https://silentworlds.info/my-books/ ■目次■ はじめに 執筆の経緯 想定する読者 あったほうが良い知識 なくてもよい知識 本書で参照するmrubyのバージョン 本書の構成 サポートページ 免責事項 第1章 本題の前に 1.1 本書の目的 1.2 mrubyとは 1.3 mrubyの基本的な動き 1.4 本書の解説対象範囲 第2章 mrubyのバイトコードとVirtual Machine 2.1 mrubyのバイトコードのバイナリ構造 2.2 mrubyのVirtual Machine\(VM\) 2.3 mrubyの命令セット 第3章 mruby Operation Code Reference 3.1 リファレンスの読み方 3.2 OP_NOP 3.3 OP_MOVE 3.4 OP_LOADL 3.5 OP_LOADI, OP_LOADINEG 3.6 OP_LOADI__1〜OP_LOADI__7 3.7 OP_LOADSYM 3.8 OP_LOADNIL 3.9 OP_LOADSELF 3.10 OP_LOADT, OP_LOADF 3.11 OP_GETGV, OP_SETGV 3.12 OP_GETSV, OP_SETSV 3.13 OP_GETIV, OP_SETIV 3.14 OP_GETCV, OP_SETCV 3.15 OP_GETCONST, OP_SETCONST 3.16 OP_GETMCNST, OP_SETMCNST 3.17 OP_GETUPVAR, OP_SETUPVAR 3.18 OP_JMP, OP_JMPIF, OP_JMPNOT, OP_JMPNIL 3.19 OP_ONERR, OP_EXCEPT, OP_RESCUE, OP_POPERR, OP_RAISE, OP_EPUSH, OP_EPOP 3.20 OP_SEND, OP_SENDB, OP_SENDV, OP_SENDVB 3.21 OP_CALL, OP_BLKPUSH 3.22 OP_SUPER, OP_ARGARY 3.23 OP_ENTER 3.24 OP_KEY_P, OP_KEY_END, OP_KARG 3.25 OP_RETURN, OP_RETURN_BLK, OP_BREAK, OP_BLKPUSH 3.26 OP_ADD, OP_ADDI, OP_SUB, OP_SUBI, OP_MUL, OP_DIV 3.27 OP_EQ,OP_LT,OP_LE,OP_GT,OP_GE 3.28 OP_ARRAY, OP_ARRAY2, OP_ARYCAT, OP_ARYDUP, OP_ARYPUSH 3.29 OP_AREF, OP_APOST, OP_ASET 3.30 OP_STRING, OP_STRCAT, OP_INTERN 3.31 OP_HASH, OP_HASHCAT, OP_HASHADD 3.32 OP_LAMBDA, OP_BLOCK 3.33 OP_METHOD, OP_DEF 3.34 OP_RANGE_INC, OP_RANGE_EXC 3.35 OP_CLASS, OP_MODULE, OP_EXEC 3.36 OP_ALIAS 3.37 OP_UNDEF 3.38 OP_SCLASS 3.39 OP_TCLASS, OP_OCLASS 3.40 DEBUG 3.41 OP_ERR 3.42 OP_EXT1, OP_EXT2, OP_EXT3 3.43 OP_STOP 付録A 参考情報 A.1 mruby2.0の変更点 A.2 Ruby/mrubyの解説書籍 A.3 一般的な参考書 A.4 講演等 さいごに おまけ:今後のこと 謝辞 著者紹介

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

この商品は書籍版です。DL版は↓です。 https://silentworlds.booth.pm/items/1307790 ●内容について mrubyのバーチャルマシンの基本的な動作の解説と、バイトコードに含まれる命令群の解説をまとめた本です。 特にバイトコード上の命令セット一つ一つについて詳しく用例を交えて詳しく説明しています。mruby2.0.0対応です。 単に命令の概要を紹介するだけでなく、mrubyがどのように内部的に処理を実現しているのかについても、実装を参照しながら詳しく説明しています。 ●改訂履歴 ・ 2019/4/14 v1.0 初版 ●サポートサイト https://silentworlds.info/my-books/ ■目次■ はじめに 執筆の経緯 想定する読者 あったほうが良い知識 なくてもよい知識 本書で参照するmrubyのバージョン 本書の構成 サポートページ 免責事項 第1章 本題の前に 1.1 本書の目的 1.2 mrubyとは 1.3 mrubyの基本的な動き 1.4 本書の解説対象範囲 第2章 mrubyのバイトコードとVirtual Machine 2.1 mrubyのバイトコードのバイナリ構造 2.2 mrubyのVirtual Machine\(VM\) 2.3 mrubyの命令セット 第3章 mruby Operation Code Reference 3.1 リファレンスの読み方 3.2 OP_NOP 3.3 OP_MOVE 3.4 OP_LOADL 3.5 OP_LOADI, OP_LOADINEG 3.6 OP_LOADI__1〜OP_LOADI__7 3.7 OP_LOADSYM 3.8 OP_LOADNIL 3.9 OP_LOADSELF 3.10 OP_LOADT, OP_LOADF 3.11 OP_GETGV, OP_SETGV 3.12 OP_GETSV, OP_SETSV 3.13 OP_GETIV, OP_SETIV 3.14 OP_GETCV, OP_SETCV 3.15 OP_GETCONST, OP_SETCONST 3.16 OP_GETMCNST, OP_SETMCNST 3.17 OP_GETUPVAR, OP_SETUPVAR 3.18 OP_JMP, OP_JMPIF, OP_JMPNOT, OP_JMPNIL 3.19 OP_ONERR, OP_EXCEPT, OP_RESCUE, OP_POPERR, OP_RAISE, OP_EPUSH, OP_EPOP 3.20 OP_SEND, OP_SENDB, OP_SENDV, OP_SENDVB 3.21 OP_CALL, OP_BLKPUSH 3.22 OP_SUPER, OP_ARGARY 3.23 OP_ENTER 3.24 OP_KEY_P, OP_KEY_END, OP_KARG 3.25 OP_RETURN, OP_RETURN_BLK, OP_BREAK, OP_BLKPUSH 3.26 OP_ADD, OP_ADDI, OP_SUB, OP_SUBI, OP_MUL, OP_DIV 3.27 OP_EQ,OP_LT,OP_LE,OP_GT,OP_GE 3.28 OP_ARRAY, OP_ARRAY2, OP_ARYCAT, OP_ARYDUP, OP_ARYPUSH 3.29 OP_AREF, OP_APOST, OP_ASET 3.30 OP_STRING, OP_STRCAT, OP_INTERN 3.31 OP_HASH, OP_HASHCAT, OP_HASHADD 3.32 OP_LAMBDA, OP_BLOCK 3.33 OP_METHOD, OP_DEF 3.34 OP_RANGE_INC, OP_RANGE_EXC 3.35 OP_CLASS, OP_MODULE, OP_EXEC 3.36 OP_ALIAS 3.37 OP_UNDEF 3.38 OP_SCLASS 3.39 OP_TCLASS, OP_OCLASS 3.40 DEBUG 3.41 OP_ERR 3.42 OP_EXT1, OP_EXT2, OP_EXT3 3.43 OP_STOP 付録A 参考情報 A.1 mruby2.0の変更点 A.2 Ruby/mrubyの解説書籍 A.3 一般的な参考書 A.4 講演等 さいごに おまけ:今後のこと 謝辞 著者紹介